NEWS RELEASE

News Release

+graphからのお知らせとサービスに関する情報をお届けします。

Service | 2016.03.31

アプリケーションの紹介/見積書・請求書編④

マネジメントシステムのアプリケーション「請求書・見積書」の4つ目の特徴は、
「+graph」に「入金チェックを依頼できる」ことです。


どの会社にも発行した請求書が入金されたかどうかの確認を行う売掛金管理という仕事があります。


基本的にオンライン請求書サービスでは入金管理の機能のひとつとして、
ステータスを「入金済」に変更することで入金状況を管理することができますが、
この「入金済」に変更する作業は、ユーザー自身が通帳で入金確認をして行う自己管理が基本となります。
そのため管理を疎かにしている場合は、実際に入金があった場合でも「未入金」となっていたり、
リアルタイムでの売掛金管理としては不十分なこともありました。


しかし、このアプリの場合は通帳などで入金を確認してステータスを変更する作業を、
ユーザーに変わって毎日ネットバンクで「+graph」が確認を行いステータス変更を行います。
(ネットバンクが「+graph」と共有できていない場合などはユーザー自身で管理することも可能です。)


20160331.png


毎日更新を行うので、一覧画面で未入金一覧を集計すると、
現在未入金の件数や合計金額の情報が表示され、内訳で相手先も確認することができます。


20160331001.png


現在未入金の件数や合計金額の情報です。

20160331002.png


内訳では相手先の一覧が確認できます。

20160331003.png


また、請求書を出してから入金までの期間は1ヶ月など必ず一定期間があるので、
どこの相手先でも未入金の時期があることは当たり前なのですが、
注意しないといけないのは入金期日を過ぎたにも関わらず未入金の場合。
その期日経過未入金一覧も確認することができます。


20160331004.png


期日を過ぎた未入金の件数や合計金額の情報です。

20160331005.png


内訳では相手先の一覧が確認できます。

20160331006.png


さらに、期日を過ぎてもしばらく入金がないものについては、
ユーザーの売掛金を随時確認している「+graph」からも注意のメッセージをお知らせをして、
徹底的に未入金防止をサポートいたします。


20160331008.png


未入金はユーザーもなかなか気がつかない場合もあり、
多かれ少なかれある問題ですができるだけ定期的に管理しておきたいもの。
システムの先に「+graph」をポジショニングさせコミュニケーションを図るスタイルの
アプリならではのサービスでクライアントをサポートいたします。


次回は5つめの特徴をご紹介いたします。