NEWS RELEASE

News Release

+graphからのお知らせとサービスに関する情報をお届けします。

Service | 2016.06.02

サービスの紹介/納税代行サービス

前回の記事、「外注・源泉税計算」サービスでは、「+graph」が振込金額や源泉税を記載した一覧表を作成し、
ユーザーはこちらを確認して振込むだけとなりますが、徴収した源泉税もそのままにしておくわけにはいかず、
外注費を支払った翌月の10日までに納税を行う必要があります。


そのためネットバンクを利用して振込業務を行っていたとしても、
毎月この納税のために銀行や郵便局の窓口に足を運ぶ必要があります。しかも10日までという半端な期日までに。
これはユーザーにとっても全く生産性のない業務となります。


こういった問題から「+graph」では他にはないサービスとして、
ユーザーに代わって銀行に納税に出向き、一時的に税金を立替払いする「納税代行サービス」を行っております。


納付書.JPG


以前から要望もあり実現したサービスでありますが、
ユーザーは銀行や郵便局に出向かなくて済み、「+graph」は納付書や書類作成こそありますが、
ユーザーの納税を数社分まとめて行える利点があるため足を運ぶのは一度で済みます。
これはクライアントからも好評のサービスで大変喜ばれています。
なお、立替払いした税金は、毎月の業務料の請求時に清算する流れをとっております。


「+graph」が納税すればユーザーまでメールが届くので、納税状況の把握を行うことができます。

完了メール.png


結果的にユーザーは、源泉税を計算しなければならない請求書をシステムにアップしていただくだけで、
差し引く源泉税と振込額が確認できて、且つ納税まで完了することになります。


「+graph」では、このような生産性のない業務からクリエイターを解放できるよう、
常に新しいサービスを考えてまいります。

  1. 1