NEWS RELEASE

News Release

+graphからのお知らせとサービスに関する情報をお届けします。

Management System | 2016.08.19

クライアント向け/システム更新情報② UIが新しくなりました。

マネジメントシステム更新情報
対象アプリ:全体
更新内容 :バージョンアップに伴い新UIへの変更


新デザイン02.png


「+graph」のマネジメントシステムはサイボウズの提供する
「Kintone」というクラウド型データベースアプリで運用しておりますが、
この度サイボウズ社側で「Kintone」のバージョンアップが行われました。


それに伴い、オリジナルでカスタマイズしている
「+graph」のマネジメントシステムにおいても多々影響がありまして、
この度新しいUIへの移行が必要となりました。


機能自体が大きく変わったわけではありませんが、
慣れるまで少し違和感があるかと思われます。
主な変更、追加箇所をご紹介いたします。


【主な変更・追加箇所】
・編集ボタン、複製ボタンなどが画面右側に変更
・画面上部に「パンくずリスト」を追加
・HOME画面に「+graph」からのお知らせの通知機能の追加


新デザイン03.png


こちらのUIに8月24日中に変更を行う予定であります。
マネジメントシステムご利用のクライアントの皆様にはご不便おかけいたします。


今後もより良い機能に改善を行ってまいります。
よろしくお願いいたします。

Management System | 2016.07.01

クライアント向け/システム更新情報① ステータス「受注済」から同じ画面内での請求書作成が可能になりました。

マネジメントシステム更新情報
対象アプリ:「請求書・見積書」アプリ
更新内容 : ステータス「受注済」から同じ画面内での請求書作成の機能を追加


見積書や請求書作成の過程におきまして、見積書から作成する場合、
現状では「見積中」から受注確定した場合に「受注済」にステータスを変更し、
その後、請求書を作成する際は、受注した見積書はそのまま残していただき、
新たに見積書を「複製」してから請求書作成の手順を踏んでいただいておりました。


こういった「複製」する手順を選択している理由としましては、
見積書は見積書でデータを残し、請求書は請求書でデータを残すことを前提に考え、
また、一覧画面でもデータが見積書なのか請求書なのかを明確に把握できるようにするためです。


ただし、そのために見積書から請求書を作成する一連の業務フローでは、
わずかではありますが現状は作業工数が多くなっております。
クライアントからもご意見をいただく機会もありました。


そこで今回のアップデートでは、請求書を作成する際に、
見積書から「複製」する操作ではなく、
見積書作成後のステータスで「受注済」にされた同じ画面内で、
請求書に変換できる機能を追加させていただきました。


見積書から請求書の作成作業がスムーズになりましたので、
こちらの機能が必要な方はお知らせいただければと思います。
もちらん現状の機能をそのままご利用いただくことも可能です。


受注確定した場合に「受注済」にステータスを変更します。
 
受注済.png


現状では「複製」が必要ですが、同じ画面内でそのまま請求書に変換が可能になります。

請求.png


請求書作成後も、再見積りも考えられるので、ここから見積書に戻すことも可能になりました。

見積.png


ステータス履歴をクリックすると、過去の流れを把握することができます。

全画面.png


ステータス履歴の詳細

ステータス.png

  1. 1